123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-08-12 (Thu)
「借りぐらしのアリエッティ」

先日…観て来ました。
特に何の情報も入れずに観たのですが、「借りぐらし」この言葉の意味を知り、んーっと心の中で唸ってしまった
アリエッティたちは、借りぐらしに、生活…人生をあずけている 

12歳の長女は、「今まで観た映画の中で一番おもしろかったかも。もう一度観たいけど…この「けど…」のあとには「ハガレン(鋼の錬金術師)(映画公開予定)を、3回観るつもりだからな~」と続くのですが 
でも、「借りぐらしのアリエッティ」とっても良かったらしく、今日まで思い出しては「おもしろかった」と何度も云っています。
(小人の存在についても話し合いました…)

アリエッティ14歳、翔12歳。
思春期を迎えた娘にとっては、まさに旬!!
2010年公開年に、12歳である君は幸せだね
おばさん(←もちろん私)の感性の◯◯倍…、ズシッと作品から受け取ったんでしょうね。


私も観終わって今日まで頭の中をくるくるとめぐっています。
  
   物って、何だろう?
   
   種族が滅び行く危機について真剣に考えるのは、人間?と…。





スポンサーサイト
| 映画 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。